presented by
Menu
試合後のインタビュー

「チームは非常に良くやった」

ハノーファー戦で3-1、ドネツク戦で7-0、そしてブレーメン戦で4-0。FCバイエルンはSVヴェルダー・ブレーメンとの対戦で快勝し、この1週間を締めくくった。ペップ・グアルディオラは「ドネツク戦後、別の相手に向けて調整することは簡単ではなかった」と試合後に語り、バイエルンの選手たちについて「今日は特に、このチームの監督であることを誇りに思う」といつも以上の満足を示した。

コメント一覧

ペップ・グアルディオラ:チームは常に集中していて、非常に良くやった。ドネツク戦後、別の相手に向けて調整することは簡単ではなかった。今日は特に、このチームの監督であることを誇りに思う。

フィリップ・ラーム:長い離脱期間の後に、再びピッチに立てて良かった。チームに感謝したい。もし今日がもっと接戦だったら、 チャンスをもらえなかっただろう。

トーマス・ミュラー:チームを称賛する。僕たちは一つのチームとして、素晴らしいパフォーマンスを出すことができた。

ヴィクトル・スクリプニク(ヴェルダー・ブレーメン監督):我々は全力を尽くしたし、部分的に前線へ勇敢にプレーした。全体的にそんなに悪い出来ではなかった。少なくとも前季の0-6よりは良い。今までに勝ち点33を獲得しているし、我々にとって今日の結果はそれほど重要ではない。

ズラトコ・ユヌゾヴィッチ(ヴェルダー・ブレーメン):苦い結果だ。序盤は良かったが、その後はいささか萎縮してしまった。後半は良くなった。2-1にできたかもしれない場面で、ゴールを決められなかったことは残念だ。あれが入っていれば、もしかしたらその後さらに追加点を挙げられたかもしれない。バイエルンのカウンターが素晴らしかったし、勝つにふさわしいパフォーマンスをしていた。

セバスティアン・プレードル(ヴェルダー・ブレーメン):バイエルンは僕たちよりも高いクオリティーで、頭のいいプレーをした。僕たちは攻撃的なプレーで対抗し、多くの場面でうまくいったが、バイエルンは容赦がなかった。彼らは得点のチャンスを逃すことなどなかった。