presented by
Menu
旅客機墜落事故

トレーニング場で黙祷

FCバイエルンの選手、監督、コーチ陣は、3月25日(水)のトレーニング開始前、前日にフランス南部山岳地帯で起きたジャーマンウィングス4U-9525機墜落事故で命を落とした150人の犠牲者に黙祷を捧げた。

ドイツ代表は今夜、喪章を着けてオーストラリアとのテストマッチに臨む。カイザースラウテルンで行われる同試合の前にも、この事故の犠牲者への黙祷が捧げられる。ドイツサッカー連盟会長のヴォルフガング・ニールスバッハは、「我々はサッカーに携わる者として、この事故の犠牲者を悼み、その家族の心情に寄り添う義務がある」と述べた。