presented by
Menu
インサイド

ブラウンシュヴァイクとポカールで6度目の対戦

3月4日(水)の夜、FCバイエルンとアイントラハト・ブラウンシュバイクはDFBポカールで6度目となる対戦を迎える。過去5度の対戦では、ドイツ王者バイエルンが3勝、ブラウンシュヴァイクが1勝。1972-73シーズンのベスト8を懸けたトーナメント戦ではドローに終わり、その後の再試合で延長の末FCバイエルンが勝利を収めている。加えて、ブラウンシュヴァイクは2004-05シーズンのベスト8決定戦でも、FCバイエルンのBチームに2-3で敗れているという状況だ。

ミュンヘンでは勝ちなし

アイントラハト・ブラウンシュバイクは、FCバイエルン本拠地での対戦でこれまで1度も勝ち点を取ったことがない。つまり、現在2部所属の同チームは、ブンデスリーガ発起以来一度もミュンヘンでのアウェイ戦で勝利を挙げていないということだ。ブンデスリーガとDFBポカールでの21試合で17敗4引き分け、得失点数は16 : 59という結果に甘んじている。

ペルー代表に新監督が就任

アルゼンチン出身のリカルド・ガレカがペルーの代表新監督に就任し、今後バイエルン所属FWクラウディオ・ピサーロ(36)の招集も視野に入れている。3月2日(月)の記者発表で同新監督は、「すべての選手にとって扉は開かれている」と方針を述べた。ガレカ監督の契約は2018年のロシアワールドカップ予選が終わるまでとなっている。