presented by
Menu
インサイド

ベナティア、汗を流す

本日日曜、ゼーベナーシュトラーセには、メーディ・ベナティア一人の姿しかなかった。センターバックのベナティアは、フィジカルコーチのロレンツォ・ブエナヴェントゥーラの指導の下、自主トレに励んでいた。ペップ・グアルディオラは、選手全員にオフを言い渡していたものの、ベナティアは筋肉系統のトラブルで最近5試合中4試合の欠場を余儀なくされていただけに、この機に自主トレを設定し休んだ分を取り返そうと頑張っていた。

アロンソとレイナがチャリティーマッチに参加

3月下旬、国際Aマッチデーによるリーグ戦の中断期間を利用して、シャビ・アロンソとペペ・レイナはタイムトラベルをすることになった。かつて所属していたリバプールのチャリティーマッチに参加するのだ(3月29日)。リバプールのレジェンド、スティーヴン・ジェラードとジェイミー・キャラガーが編成したオールスターチームズ同士が対戦し、利益はリバプール市の福利厚生プロジェクトに寄付される。アロンソ、レイナの他にも、ティエリー・アンリ、フェルナンド・トーレス、ジョン・テリーなどのスター選手も参加する。アロンソは、2004年から2009年にかけレッズの143試合に出場。レイナは2005年から2015年の間に285キャップを記録している。