presented by
Menu
インサイド

マルティネス以外は全員がチームに合流

十字靭帯断裂により別メニューで調整中のハヴィ・マルティネスを除いた全選手が金曜日、FCバイエルンのチームトレーニングに参加した。最後にここまでメンバーが充実したのはいつになるだろうか・・・。ここ最近は軽い負傷により短めの練習をこなしていたフランク・リベリー、セバスティアン・ローデ、クラウディオ・ピサーロも、フルでトレーニングに参加した。指揮官ペップ・グアルディオラは土曜日の最終調整の様子を見て、日曜日のボルシアMG戦(日本時間の23日午前1時30分)に連れて行く18人を決定する。

日食

金曜日の午前中、選手たちがロッカールームからトレーニング場へと向かう途中、一旦立ち止まってメガネを取り出し、日食観察を楽しんだ。fcbayern.deがカメラに収めたその光景を見るには、下のアルバムをクリック!

ロッベンとベルナトがノミネート

オランダ代表のフース・ヒディンク監督がアリエン・ロッベンを追加招集した。同代表は3月28日、トルコとユーロ予選を戦い、その3日後にはアムステルダムでスペイン代表とテストマッチを行う。さらに、フアン・ベルナトも改めてスペン代表に選出。スペイン代表を率いるビセンテ・デル・ボスケ監督は、合計22人の選手を招集し、3月27日のセビリアでのユーロ予選、対ウクライナ戦と、3月31日のロッベン擁するオランダ代表とのテストマッチに臨む。

ホプフナーが会員No.1のファンを祝福

100歳を迎えた今もなお、心からバイエルンファンだというのだから驚きだ。オットー・シュヴァープ氏、FCバイエルンの会員No.1が3月20日(金)、100回目の誕生日を迎えたのだ。それに際し、カール・ホプフナー会長がFCバイエルン・ミュンヘンを代表してこの記念日を祝福した。