presented by
Menu
インサイド

ロッベンが数週間の離脱

アリエン・ロッベンがブンデスリーガのボルシアMG戦で腹筋断裂を負い、数週間離脱する。クラブドクターのハンス=ヴィルヘルム・ミュラー=ヴォールファールトが検査結果を明かした。代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲはこれについて、「我々にとって心地の良い晩にはならなかった。だが、さらに心地よくないのはアリエンが怪我をしたことだ。これは少なくとも敗戦と同じくらい重大」とコメントした。

チアゴが復帰

今週、チアゴがチームトレーニングに復帰し、日曜日のボルシアMG戦では約1年間の負傷離脱後初めてベンチ入りを果たした。ただし、スペイン代表MFに出場機会は訪れなかった。チアゴが最後に出場した公式戦は、昨シーズンのブンデスリーガ第28節、3-3で引き分けた1899ホッフェンハイム戦だ。

ダウン症の子供たちが入場行進

ダウン症の青少年と若年成人24人が、日曜日のFCバイエルン対ボルシア・メンヒェングラードバッハ戦で選手と手を繋いでアリアンツ・アレーナのピッチに入場した。FCB主将フィリップ・ラームはこの運動について、「ダウン症の子供たちは、感情と喜び、そして愛に溢れる素晴らしい人間だ。僕たちは、彼らがこの社会の重要で、守るべき一部であるということを全ての人々に示したい」と述べ、世界ダウン症の日(3月21日土曜日)の開催の意義を強調した。

ポルトは引き分け

バイエルンのCL準々決勝の相手、FCポルトは土曜日、ポルトガルリーグでCDナシオナルと対戦し、1-1で引き分けた。クリスティアン・テージョが45分、ポルトに先制点をもたらすと、62分にワーグナーが同点ゴールを挙げている。リーグ首位のSLベンフィカが1-2で敗れたため、リーグ2位のポルトがSLベンフィカとの勝ち点差を1まで縮めた。