presented by
Menu
インサイド

FCバイエルン・ツアーズが支援団体に寄付

FCバイエルンの子会社であるFCバイエルン・ツアーズが、FCバイエルンが運営する支援団体に2千ユーロを寄付した。代表取締役社長のカール=ハインツ・ルンメニゲと会長のカール・ホプフナーは、FCバイエルン・ツアーズ責任者のロベルト・オスターマイアーからの小切手を快く受け取った。ホプフナーは「この多額の寄付は、FCバイエルンの従業員ならびにパートナーがいかにこの慈善支援団体を同一視しているかを体現するものだ」と語り、支援団体会長とともにこの寄付に対する喜びを表した。2005年に設立されたこの団体の目的は、やむを得ない事情で困窮に陥っている人々に非営利の支援をすることだ。

『スーパーブランド』であるFCバイエルン

FCバイエルンが再び『ドイツのスーパーブランド』として表彰された。27人の審査員が、ノミネートされた合計1250のブランドを、優位性・顧客との関係・親しみやすさおよび永続性・総合的な受け入れられ度合いを基準に審査するこの賞。最終的に51企業が、誰もが羨む『スーパーブランド』の名を手に入れた。『スーパーブランド』はロンドンに拠点を持つ国際的な独立機構で、20年以上にわたって、85以上の国から最も優れた影響力のあるブランドを表彰している。授賞式は先週ベルリンで行われ、FCB取締役アンドレアス・ユングがこの栄誉を受けた。