presented by
Menu
フランス南部で墜落事故

FCBは飛行機事故の犠牲者の方々に哀悼の意を表します

私たちFCバイエルン・ミュンヘンは、南フランスで起きたジャーマンウィングス4U9525機の墜落事故を目の当たりにし、言葉を失いました。この悲劇の犠牲になった多くの乗客の方々、そしてそのご家族・ご友人に謹んで深い哀悼の意を表します。

未だ状況は明らかになっていませんが、本日、エアバスA320機がフランス南部の山岳地帯で不慮の事故に遭遇しました。この飛行機はバルセロナを出発し、デュッセルドルフに向かう途中で、合計144人の乗客と2人のパイロット、そして4人のキャビンアテンダントが搭乗していました。公式発表によると、この事故の生存者はおそらくいないと見られます。