presented by
Menu
前日記者会見

グアルディオラ「最高のパフォーマンスが求められる」

水曜日の晩(中央ヨーロッパ時間20時45分)、チャンピオンズリーグ準々決勝FCポルト対FCバイエルンの一戦がキックオフする。その一日前に、会場となるポルト市のFCBが滞在するチームホテルで前日記者会見が開かれた。これにはペップ・グアルディオラ、マヌエル・ノイアー、トーマス・ミュラーの3選手が出席し、報道陣の質問に応えていった。fcbayern.deが会見でのコメントの内容を時間に沿って紹介する。

グアルディオラ、ノイアー、ミュラーのコメント

+++ 12:57:準備完了。TVカメラ約25台、ジャーナリスト50名、そして多数のカメラマンが記者会見の始まりを待ち侘びていた。だが、壇上は未だ空席。

+++ 12:59:マヌエル・ノイアーとトーマス・ミュラーが着席。メディアディレクターのマルクス・ヘルヴィックが開会の辞を述べ、会見スタート。

+++ 13:02:まず最初に口を開いたのはミュラー。「ポルトとの対戦は今回が初めて。このスタジアムでの一戦をとても楽しみにしている。第2戦のために何としても良い結果を手に入れたい。だが、ポルトは非常に強いチームだ」。

+++ 13:06:かつてFCシャルケ04に所属していた時、2008年3月5日のポルト戦でPK2本を止めて大活躍したノイアーがコメントした。「あの頃僕はまだ若いGKだった。僕にとって初めてのチャンピオンズリーグで、幸運にも全てが機能した素晴らしい日となったよ。その後はペップ・グアルディオラ監督率いるFCバルセロナに敗れてしまった」。そして明日の一戦については、「感情的で大盛り上がりした観客がチームの背中を押すだろう」と、スタジアムのアウェイの雰囲気を警戒した。

+++ 13:10:カール=ハインツ・ルンメニゲが本日14日、FCBのチームスピリットについて熱く語っていたが、同じことをミュラーも話していた。「チームはドルトムント戦、レヴァークーゼン戦、フランクフルト戦で、グループとしてよりまとまるという経験を積むことができた。メンバー内に自信と信頼がある。これらがポルト戦の力になるだろう」。

+++ 13:15:W杯でポルトガル相手に3ゴールを挙げたミュラーが、ポルトガルキラーとなり得るかもしれない。「これは何としても維持したい異名だね」とミュラー。

+++ 13:18:ペップ・グアルディオラの到着まであと少し。ミュラーとノイアーが指揮官が登場するまでの最後の質問に答える。ミュラーが自身の現在のコンディションについて、「毎日モチベーションを高く保ち、全力を出すように努力している。そうすれば何かしら収穫がある」とコメント。

+++ 13:21:FCポルトの攻撃力についてノイアー。「ポルトガル出身の選手は基本的に技術力が高くて、ボールを持ちながら何でもできる。良いフリーキッカーもいるし、それらのことに気をつけなければならない。しっかりと準備していくつもりだ」。

+++ 13:23:グアルディオラ到着までのミュラーの言葉。W杯得点王はこの試合で、「11人全員が自陣のボックス内で守るようなチームが相手のときより、攻撃時にスペースが空くこと」を願っている。

+++ 13:25:グアルディオラが着席。会見続行。

+++ 13:27:グアルディオラが、対戦相手を見くびらないように警戒する。「チャンピオンズリーグ準々決勝に進出するチーム。これはつまり、相手のレベルの高さを意味する。ポルトはトップチームだ。彼らのレベルに私は驚いている。1回良い試合をするだけでは次に進めない。2回良い試合をする必要がある」。

+++ 13:31:FCB監督のポルトへの敬意は大きいようだ。「対戦相手の99%は、我々の積極的なプレスに対してロングボールで対応してくる。だがポルトは違う。彼らはカウンターを武器とするチームではない。彼らは自分たちでボールを回したいはずだ。彼らも良いプレッシングをしてくるし、攻守の切り替えも速い。ゲームもよくコントロールしているし、1対1において卓越したクオリティーを備えている。守備の組織も良いし、個々の力もある。我々は、守備と同じように攻撃においても素晴らしいパフォーマンスを引き出す必要がある」。

+++ 13:34:負傷者が続出しているが、グアルディオラは愚痴をこぼすようなことはしない。「ここにいる選手たちで我々のベストを尽くす」。

+++ 13:37:ポルトの現指揮官フレン・ロペテギは、FCバルセロナ時代のグアルディオラのかつてのチームメイトだった。従ってグアルディオラは、ロペテギ監督との再会をとても楽しみにしている。「2人ともまだ若かった頃は、お互いがチャンピオンズリーグ準々決勝に進出するようなビッグクラブを指揮しているとは思ってもみなかった。彼の仕事ぶりは素晴らしいし、彼のチームも素晴らしいサッカーをする」。

+++ 13:43 Uhr:以上が会見の内容だ。グアルディオラと選手たちは、会見後に作戦会議と分析を行う予定。そして、中央ヨーロッパ時間の17時30分に最終調整を行う。