presented by
Menu
インサイド

バイエルンファンのゴールが3月のベストゴールに!

熱狂的なバイエルンファンであるミヒャエル・フロイデルスペルガーのゴールが、ドイツの国民的スポーツ番組《シュポルトシャウ》が選ぶ月間スーパーゴールに選ばれた! 16歳のフロイデルスペルガーは、FCバイエルン対ボルシア・メンヒェングラットバッハ(0-2)のブンデスリーガマッチのハーフタイムに行われたPKイベントで、トム・シュタルケを相手に華麗なゴールを決めていた。ダウン症候患者のフロイデルスペルガーのゴールは、ダヴィド・アラバのスーパーゴールをも上回る投票数を得て、見事3月のベストゴールに選ばれた。ベストゴールに選ばれた証に贈られるメダルは、バイエルンのキャプテンフィリップ・ラームより贈呈された。贈呈式の様子は、本日日曜、現地時間の夜10:05分よりバイエルン州のテレビ番組《Blickpunkt Sport》で放送される予定だ。

アメリカ人の少年が、ゲッツェ、ミュラーと対面

アメリカ、カリフォルニア州出身のウィリアム・スタールライヤー君(15歳)の夢が叶った! Barth症候群と呼ばれる重い遺伝性疾患を患っているウィリアム君は、アリアンツアレーナで大好きなFCバイエルンの試合を生で観戦した後、マリオ・ゲッツェとトーマス・ミュラーと面会する機会を得た。この若きバイエルンサポータに応援の感謝を告げたゲッツェは、後で感想をたずねられ「好青年だよ」と述べている。トーマス・ミュラーは、自分のユニフォームを彼にプレゼントした。うれし涙を必死にこらえていたウィリアム君、「やっぱりバイエルンの選手は最高だ!」とコメントを残してスタジアムを後にした。