presented by
Menu
負傷者問題

レヴァークーゼン戦、シュヴァインシュタイガーも欠場

バイエルンは4月8日(水)夜に行われるDFBポカール準々決勝のバイエル・レヴァークーゼン戦で、バスティアン・シュヴァインシュタイガーの起用を諦めなければならなくなった。ペップ・グアルディオラが7日(火)午後の記者会見で、「シュヴァインシュタイガーは出場しない。これは確定だ」と明らかにした。シュヴァインシュタイガーは4日(土)のドルトムント戦で足首を負傷した。幸い重症ではないものの、グアルディオラの報告どおり、同選手はレヴァークーゼン戦に欠場する。

シュヴァインシュタイガーの他にも、アリエン・ロッベン(腹筋断裂)、フランク・リベリー(足首の負傷)、ダヴィド・アラバ(膝の内側側副靭帯断裂)、ハヴィエル・マルティネス(十字靭帯断裂後の基礎トレーニング中)、トム・シュタルケ(靭帯断裂)が離脱中のFCバイエルン。一方、ホルガー・バドシュトゥーバーは筋肉の問題を克服し、近いうちにチームに合流する見通しだ。負傷離脱者の問題が「言い訳にならない」ことを承知しているグアルディオラは、「バドシュトゥーバーはまた我々に力を貸してくれると思う」と同選手の復帰を喜ぶと同時に、次戦が「我々にとって大きな挑戦になる」と気を引き締めた。