presented by
Menu
インサイド

ロッベンとベナティア、練習に復帰

ヘルタ戦の勝利から一夜明けた本日日曜、FCBにさらなる朗報が舞い込んで来た。アリエン・ロッベンとメーディ・ベナティアが、練習に復帰したのだ。5週間前のグラットバッハ戦で腹筋の肉離れを起こしたロッベンは「再びフィールドに立つことができて、楽しい」と語った。ベナティアは、2週間半前に行われたレヴァークーゼンとのカップ戦で、太ももに肉離れを負っていた。二人とも早ければ火曜日に行われるドルトムントとのカップ戦でメンバー入りする可能性もあるようだが、最終的な判断は直前まで持ち越されそうだ。

ドルトムント、ヴァイデンフェラー抜き

ボルシア・ドルトムントは、火曜の試合を正ゴールキーパーのローマン・ヴァイデンフェラー抜きで戦うことになる。ドルトムントの守護神は、臀部打撲と肉離れにより全治2週間のケガを負っていることがドルトムントの公式ツイッターで明かされた。彼の代わりにゴールを守るのは、昨日のフランクフルト戦でもゴールキーパーを任されたオーストラリア人のミッチ・ランゲラックになりそうだ。