presented by
Menu
インサイド

元ブンデス所属クラブ・ノイキルヒェンの救済活動

4月10日(金)、あるクラブの危機を救うであろう小さなゲストがバイエルンにやって来た!この日のトレーニング前、選手、ペップ・グアルディオラ監督、そしてSDマティアス・ザマーがフォルクスワーゲン・ビートルにサインをした。これは、破産の危機に立たされている元ブンデスリーガ所属クラブ、ボルシア・ノイキルヒェンへのチャリティー活動だ。1961年に生産されたこのビートルは、新旧スター選手のサインを集めるため、現在ドイツ中を回っている。その後、このビートルはノイキルヒェン救済のために競売にかけられる予定だ。1960年代に3シーズン(1964-65、1965-66、1967-68)にわたりブンデスリーガ1部に所属したノイキルヒェンは先週、45万ユーロの負債により破産申請を余儀なくされた。