presented by
Menu
CL準決勝の組み合わせ抽選

対戦相手はFCバルセロナ!

チャンピオンズリーグ準決勝の組み合わせが決定した。ドイツ王者FCバイエルンは、FCバルセロナとまずはアウェイで対戦することになる。この組み合わせは、4月24日(金)にUEFA本部(ニヨン/スイス)で行われた抽選会で決定した。FCBのSDマティアス・ザマーは、「どこかでこの結果を予感していた。非常に楽しみだ」とコメントし、勝算は「5分5分」だと述べた。

1stレグは5月6日(水)にバルセロナで、2ndレグは12日(火)にアリアンツ・アレーナで開催される。準決勝のもう1組ではレアル・マドリードとユヴェントスFCが顔を合わせる。

バイエルンとFCバルセロナは、欧州カップ戦の舞台でこれまで8回対戦。対戦成績では5勝1敗2分けとバイエルンが極めて優勢だ。両チームが最後に顔を合わせたのは2013年にタイトル獲得をかけて戦った準決勝で、バイエルンが4-0、3-0というベストスコアで完勝している。

さらにチアゴとペップ・グアルディオラには、古巣との対戦となる特別な一夜が待ち受ける。グアルディオラは2009年と2011年は監督として、1992年は選手として、バルセロナにCLのタイトルをもたらしている。またチアゴは2005年から、2013年のバイエルン移籍までバルセロナでプレーした。バルセロナは目下、スペイン1部リーグでレアル・マドリードを差し置いて首位に立っており、CL準々決勝ではパリ・サンジェルマンに3-1、2-0で快勝してベストコンディションであることを証明した。