presented by
Menu
ベルリンまで残すはあと1試合

FCBがポカール準決勝でドルトムントを迎え撃つ

DFBポカール決勝の地、ベルリン・オリンピアシュターディオンに辿り着くには、FCバイエルンは非常に高いハードルを乗り越えなければならないようだ。ディフェンディングチャンピオンのFCBは、ホームのアリアンツ・アレーナでボルシア・ドルトムントと準決勝を戦う。水曜日の晩の全準々決勝が終わった直後に行われた抽選会にて明らかになった。もう一方の準決勝を戦うのは、3部で首位に立つアルミニア・ビーレフェルトと1部2位のVfLヴォルフスブルク。

ペップ・グアルディオラは抽選の直後に、「トップチームだ。我々はホームで戦うが、ポカールを制覇したいのなら、最高のチーム相手にも勝たなければならない」と意気込みを語った。ポカールでこの両者が対戦するのは、今回ですでに4シーズン連続となり、昨季の決勝戦と同じ顔ぶれということになる。前回は延長戦の末、2-0でバイエルンに軍配が挙がっている。

ポカール大会では過去7回対戦しているこの両カードだが、その際の戦績は5勝1敗1分けで圧倒的にバイエルン優勢だ(唯一の引き分けは1992-93シーズンの一戦。試合は2-2のままPK戦にもつれ込み、BVBが勝利しているが、統計データ上では引き分けとして数えられている)。

準決勝の日程は4月27・28日。ベルリンでの決勝戦は2015年5月30日だ。

準決勝の対戦カード

アルミニア・ビーレフェルト vs. VfLヴォルフスブルク
FCバイエルン vs. ボルシア・ドルトムント