presented by
Menu
フライブルク戦後のインタビュー

「簡単ではない」

FCバイエルンにとってフライブルク戦はもはやそこまで大きな意味を持つ試合ではないが、それでも1-2の敗戦は決して喜ばしいものではない。ペップ・グアルディオラ監督は「フライブルクの方が多くを求めていた」と指摘し、「我々にとっては、優勝を決めた後だから簡単ではない」と本音を漏らした。また、フライブルクのクリスティアン・シュトライヒ監督は、「今日は運が我々に見方してくれた」とリーグ戦第33節を総括した。

コメント一覧

ペップ・グアルディオラ「フライブルクの方が多くを求めていたし、勝つためにより戦っていた。我々にとっては、優勝を決めた後だから簡単ではない。あと1試合が終わったら、休暇に入って、それから先へ進む」

ジェローム・ボアテング「単純に今日よりも良いサッカーをしなければならない。そのことについて、僕たちはファンに謝らなければならない」

クリスティアン・シュトライヒ(SCフライブルク監督)「チームは立派なメンタリティーを持っていた。我々は、守備的なプレーをすると決めていた。なぜなら、そうする他に方法がなかったからだ。今日は運が我々に見方してくれた。それは明らか。だが、今季はずっと不運が続いていたのも確か。この勝利は自分たちの力で手に入れたんだ」

ヨッヘン・ザイアー(SCフライブルクSD)「我々にとって、バイエルンに再び勝たなければいけない正しい時期に勝つことができた。バイエルンのパフォーマンスは非常に良く、ベストメンバーで臨んできた。我々は、後半に見事な集中力を見せていた。敵地でのハノーファー戦が最終決戦になる。そこに向けてしっかり準備しなければならない」