presented by
Menu
インサイド

ゴール、ゴール、ゴール! FCBがクラブレコード更新

FCバイエルンは、CLに敗退しながらもクラブレコードを更新していた。ペップ・グアルディオラ率いるチームが、今季のCLで合計33ゴールを挙げ、2012-13シーズンの最高記録(31)を2ゴール更新したのだ。またバイエルンには、今季のCL参加チームの中で最高の得点力を誇るチームになる可能性も残されている。バイエルンの背中を追う2位のバルサには、現在の時点で28ゴールと、5ゴール差をつけている。

マルティネスが「CL」復帰

お帰り、ハヴィ・マルティネス! 3-2で勝利したバルセロナ戦で、同MFがCL復帰を果たしたのだ。マルティネスが最後にCLに出場したのは、昨シーズン準決勝2ndレグのレアル・マドリード戦。その後、同選手は膝を負傷し長期離脱を余儀なくされた。またマルティネスは、10日前にブンデスリーガでもカムバックを果たしている。

ベナティアが初ゴール

バルサ戦で決めたメディ・ベナティアのヘディングでのゴール(7分)は、同モロッコ代表DFにとってCLで決めた初めての得点となった(7試合目)。またそのゴールは、今季のCLではバイエルンにとって7点目のヘディングでのゴールとなり、これも参加チームの中でトップだ。