presented by
Menu
コルドバ戦でゴールラッシュ

バイエルン戦前のテストでバルサが大勝

FCバイエルンがチャンピオンズリーグの準決勝で当たるバルセロナが、FCコルドバとのアウェイ戦(5月2日)を8-0で制した。ゴールを決めたのはイヴァン・ラキティッチ(42分)、ルイス・スアレス(45+2、50、88分)、リオネル・メッシ(47、80分)、ジェラール・ピケ(64分)、ネイマール(85分/PK)。この勝利によりバルサは、残り3節を残してリーガ・エスパニョーラで首位を守った。

エスタディオ・ヌエボ・アルカンヘルで18,280人の観客が目にしたのは、完全に一方的な試合展開だった。立ち上がり、最近絶好調のバルセロナがボールをキープするも、相手の守備の牙城を崩しきれずにいた。するとハーフタイム直前にメッシのパスからラキティッチが先制点を奪取(42分)。そして、前半アディショナルタイムにはアンドレアス・イニエスタ経由でスアレスがネットを揺らし、一気に2点差に広げた。

マスチェラーノ、イニエスタ、ラキティッチを温存

後半開始直後は、ダニエウ・アウヴェスの2本のクロスがどちらもゴールに繋がる。47分にメッシ、50分にスアレスが頭で押し込んだ。バルサが4点のリードを奪うと、ルイス・エンリケ監督がハヴィエル・マスチェラーノとイニエスタを交代させる(61分)。その直後にはラキティッチもピッチを離れている(68分)。

4-0となった後は、ややペースを落とし始めるバルサだが、そこからさらに4点が入ることになる。ラキティッチのコーナーをピケが頭で入れると(64分)、シャビとスアレスとの連係から最後はメッシが決める(80分)。そして85分にネイマールがPKを決め、最後はスアレスがゴール(88分)し、最終的なスコアを8-0とした。この敗戦でコルドバの降格が確定した。

コルドバ戦のバルセロナの出場メンバー:
ブラーボ - アウヴェス、ピケ、マスチェラーノ(61分マチュー)、アルバ - イニエスタ(61分シャビ)、ブスケツ、ラキティッチ(68分ペドロ) - メッシ、スアレス、ネイマール