presented by
Menu
プレスリリース

FCB、シーズン開幕前に中国へ

成功に終わった昨年のアメリカツアーに続き、FCバイエルンは2015年夏にも大規模なツアーを行う。今夏の行き先は中国だ。ペップ・グアルディオラ率いるバイエルンは7月16日から24日まで中国に滞在し、そこでヴァレンシアCF、インテル・ミラノ、広州恒大淘宝とのテストマッチが行われる予定だ。FCバイエルンの2015年サマーツアーは、昨年のアメリカツアーと同様にパートナーのアウディの主催で行われる。

アリアンツ・アレーナで行われるブンデスリーガ2015-16シーズンの開幕戦(8月14日)の3週間前に中国で予定されているアウディ・サマーツアーは、新シーズンに向けた準備のハイライトとなるだろう。ペップ・グアルディオラとチームは1週間アジアに滞在し、世界トップクラスの2チームと中国の強豪1チームと対戦する。ドイツマイスターを3大陸に紹介するこのツアーは、アウディの名を冠している。

FCバイエルンは7月18日、“鳥の巣”の愛称を持つ北京のオリンピックスタジアムで6度スペイン王者に輝いたヴァレンシアCFと対戦する。その3日後に上海でバイエルンを待ち受けるのは、18度のイタリア優勝を誇るインテル・ミラノだ。2001年にチャンピオンズリーグの決勝に進出したヴァレンシア、そして2010年にCL優勝を果たしたインテルとの対戦は、アウディ・フットボール・サミットの名の下に開催される。2015年アウディ・サマーツアーの最後の予定は、中国国内リーグ4連覇を成し遂げ、2013年にはアジア・チャンピオンズリーグで優勝に輝いたFC広州恒大淘宝との対戦(7月23日)になる。現在、中国当局に試合開催許可を申請中だ。

FCバイエルン・ミュンヘンの国際化戦略部長ヨルク・ヴァッカーは、「FCバイエルンにとって、長期にわたるパートナーであるアウディとの中国ツアーの実現は、またとない機会だ。アウディ・サマーツアーを通じて、我々は特にアメリカと中国での国際化戦略において、さらなる重要な1歩を踏み出した。中国には9000万人のFCバイエルン・ファンがいる。彼らにとってもこのツアーは、世界のトップチームのうちの1つであるバイエルンを直接見ることのできる数少ないチャンスとなる」とコメントしている。