presented by
Menu
ファン・ボメルのインタビュー

「多くのことを学びたい」

話し、笑い、食べ、飲み、楽しんだ。FCバイエルン・オールスターズは日曜日の晩、マンチェスターに集結し、真夜中まで再会を祝福していた。マルク・ファン・ボメルが、「再会してバイエルンに話すのは素晴らしいこと。あとは、当時僕らの間に起こっていたこととかね。ポジティブな効果があるよ」と振り返った。

fcbayern.deとインタビューでは、元オランダ代表がFCBオールスターズ対マンチェスターU・レジェンズ(2‐4)の試合を振り返り、さらにFCバイエルンの価値や、自身の今後のキャリアについて語ってくれた。

マルク・ファン・ボメルとのインタビュー

fcbayern.deこんにちは、マルク! オールド・トラッフォードでの試合はどうだった?
マルク・ファン・ボメル:最高だった! たくさんの観客に囲まれながら、あのようなスタジアムでプレーするのは特別なことだからね。特に僕は、オールド・トラッフォードに良い思い出がある。2010年に、チャンピオンズリーグ準決勝進出を果たした地だからさ。あれは忘れられないね。

fcbayern.de元バイエルンの選手としては、オールスターズの試合には負けたくないよね。でも、負けてしまって残念?
ファン・ボメル:もちろん。勝ちたいという気持ちはとても強かった。残念ながら、コンディションが100%ではなかったんだ。太ももを怪我していたから、慎重なプレーを強いられた。そして、ハーフタイムからはもうできなくなった。体力は足りていたんだけど。これからもコンディションは保っていくよ。

fcbayern.de5万人以上の観客がスタジアムを訪れたね。キックオフの前は緊張していた?
ファン・ボメル:まったく。プロ時代は毎試合少しナーバスになっていたが、いつの間にかそれに慣れてしまった。マンチェスター戦のような試合はとにかく楽しむしかないし、楽しかったよ!

fcbayern.de昔のチームメイトに会った感想は?
ファン・ボメル:それも楽しかった!2014年にアリアンツ・アレーナでマンチェスターと戦って、その時にも話したが、再会してバイエルンについて話すのは素晴らしいことだ。あとは、当時僕らの間に起こっていたこととかね。ポジティブな効果があるよ。

fcbayern.de引退してから2年が経たったね。正直なところ、サッカーが恋しい?
ファン・ボメル:もちろん恋しいよ。最も素晴らしい存在だ。でも、いつかは終わるということを受け入れなければならない。自分の引退時期を自分で決めることができて嬉しい。誰かが突然現れて「もう辞めなさい」と言われるよりはいい。

fcbayern.deミュンヘンの他にもトップクラブに所属していたね。PSVアイントホーフェン、FCバルセロナ、ACミラン。君にとってFCバイエルンはどんな位置価値を持っている?
ファン・ボメル:子供の頃はバイエルンファンだったことは隠していないことだけど、それに加えこのクラブでは4年半プレーし、キャプテンも務めた。プロの時代にこれ以上の時間を過ごしたクラブは他にないよ。僕はとても幸せを感じていた。ミュンヘンでの時間はすべてが素晴らしい経験だ!

fcbayern.deFCバイエルンとの関係はまだ密接?
ファン・ボメル:常にフォローしているよ! 選手やコーチ、理学療法士ともまだ連絡を取っている。もし街に来れば、ゼーベナー通りに寄ろうともする。今でもまだ歓迎してくれるよ。

fcbayern.de今はPSVアイントホーフェンでU19のチームを率いているけど、今後のプランは?
ファン・ボメル:やっと指導者ライセンスを取ったところだ。3,4か月後にはすべてが完了してトレーニングを始められる。どのチームを鍛えてみたいかは答えるのが難しい。計画するのが難しいからね。ユースかプロか、そこはまだわからないんだ。大事なのは、僕が多くのことを学びたいということさ!

fcbayern.de7月11日に行われるアリアンツ・アレーナのチーム・プレゼンテーションでは、FCBオールスターがインテル・ミラノと対戦するけど、君は参戦するの?
ファン・ボメル:それはまだ分からない。U19の準備の進み具合による。プログラムがまだ決まっていないんだ。でも、もちろんできるだけ参加するつもりだ。