presented by
Menu
健康・コンディション診断のための新スペース

ゼーベナー通りの改修工事

FCバイエルンのプロ選手たちが休暇を楽しんでいる間、ゼーベナー通りにある彼らの“自宅”が改築されている。すでに1週間前から、パフォーマンスセンターの改修・改築工事が行われているのだ。その際に中心となるのは、健康及びコンディション診断のための独立スペースの新設だ。このスペースは新シーズンから使用可能となり、Dr. ホルガー・ブロイヒがその責任者となる。

その他にも、1階には負傷した選手のためにリフトや歩行装置を備えたリハビリ用のプールが設置され、サウナと蒸し風呂は最新のものに取り替えられる。さらに冷却サウナの導入も計画されている。その上、2階の理学療法・フィットネススペースには何台か新しい機器が設置され、理学療法士やフィットネスコーチのための事務室や診察室も新設される。

その他の投資計画

7月1日のトレーニング開始日までに、工事の大部分の終了を目指す。またここ数日間で、メインピッチの芝生は短く刈られたあと、目砂と種の散布が行われ、再び新鮮な状態を取り戻した。

今後FCバイエルン・ミュンヘン株式会社は、トレーニング環境および選手への医療環境を最適化するため、そして欧州の最高規格を手に入れるため、ゼーベナー通りのクラブ敷地内にさらなる投資を計画していく。