presented by
Menu
インサイド

ピサーロ、決勝進出を逃す

コパ・アメリカの決勝戦は、クラウディオ・ピサーロ抜きで行われることになる。バイエルンFWピサーロ擁するペルー代表が火曜日、チリ代表に1-2(0-1)で敗れて準決勝敗退が決定したのだ。チリは、エドゥアルド・バルガスが42分と64分にゴールを決めている。一方、20分からレッドカードをもらったカルロス・ザンブラーノ抜きでの戦いを余儀なくされたペルーは、ガリー・メデルのオウンゴールにより一時的に同点に追いついていた。なお、ピサーロは73分に途中出場している。準決勝で敗れたため、ペルーはもう一方の準決勝アルゼンチン対パラグアイの敗者と土曜日に3位決定戦を行う。