presented by
Menu
インサイド

優勝皿と共に記念撮影

FCバイエルン・ファンは6月21日(日)、FCBのErlebnisweltミュージアムにてオリジナルの優勝皿と共に記念写真を撮ることができる。時間は10時から16時まで。スマートフォンやカメラをお忘れなく!当日はバイエルンのマスコットであるベルニももちろん駆けつけ、ファンからのサインの要望に応じる。

優勝新記録樹立を願うミュラー

トーマス・ミュラーは来シーズン、FCバイエルンと共にブンデスリーガの歴史に新しい1ページを刻もうと意気込んでいる。ミュラーは6月19日(金)、「これまでに4年連続でブンデスリーガ優勝を成し遂げたチームは、まだない。僕たちはこの数年でたくさんの記録を更新してきたけれど、4連覇できたら僕個人としてもとても嬉しい」と語った。バイエルンが過去にブンデスリーガで達成したのは3連覇までである(1972年-1974年、1985年-1987年、1999年-2001年、2013年-2015年)。25歳の同ドイツ代表はこの日、自身も関わる青少年支援プロジェクトYoungWingsのチャリティ・ゴルフ・トーナメントに参加していた。

ピサーロがゴールを挙げてペルーが勝利

主将クラウディオ・ピサーロのおかげで、ペルーのコパ・アメリカ準々決勝進出への可能性はまだ十二分に残されている。バイエルン所属の同ストライカーはグループ予選第2節のベネズエラ戦で、71分に決勝ゴールを挙げて故国に1-0の勝利をもたらし、グループCの緊張感を一層高めることになった。ピサーロは、「とても感動的だった。ゴールを決めるといつでも素晴らしいい気持ちになるが、しかしこの得点は大変重要なものだった。さあ、次はグループ最終節だ」とコメントした。最終節を前にした現在、ペルー、ブラジル、コロンビア、そしてベネズエラはそれぞれ勝ち点3で並んでいる。ピサーロ擁するペルーは日曜日、コロンビアと対戦する。