presented by
Menu
プレスリリース

TipicoがFCバイエルンの新しいプラチナ・パートナーに

FCバイエルン・ミュンヘンはトレーニングが開始する1日前、国際的なスポーツくじを運営しているTipicoと4年間のパートナー契約を結んだ。ヨーロッパに多くの支店を持つTipicoは今後、FCバイエルンのプラチナ・パートナーとなる。

FCバイエルン・ミュンヘンの代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲは、「Tipicoはすでに長い間、ヨーロッパのサッカーにおいて成功を収めている。FCバイエルンと国際的な地位を確立している同企業がこれから同じ道を歩むことに、何の疑問もない」とこの契約についてコメントを発表した。

FCバイエルン・ミュンヘンの国際化戦略部長であるヨルク・ヴァッカーも、「Tipicoは優れたブランドへと成長を遂げており、我々の素晴らしいパートナーの輪に加わるにふさわしい」と新パートナを歓迎している。

また、この2019年までの契約はTipicoにとっても特別な意義のあるものだ。有限会社TipicoのCEOヤン・ボルツ氏は、「FCバイエルン・ミュンヘンのプラチナ・パートナーになることを嬉しく思う。バイエルン・ミュンヘンは世界の全サッカークラブの模範だ。そんなドイツマイスターのパートナとして、ドイツのトップ企業であるTipicoは理想的といえる」と喜びを表した。