presented by
Menu
トレーニング、移籍、タイトル

「我々は最高のチームだ」

新シーズンに向けたトレーニングの1日目、FCバイエルンは大忙しだった。炎天下で行われた初トレーニングを約700人のファンが見守り、スヴェン・ウルライヒが初めてFCBの練習に参加し、ダグラス・コスタの契約サインによりまた新たな選手がドイツマイスターに加わった。ブラジル代表のコスタは「ここにいられて、とてもとても幸せだ」と言い、FCバイエルンと共に「全ての大会でトップに立てれば」と願っている。

FCBスポーツディレクター、マティアス・ザマーは「コスタはとても速く、運動量も豊富だ。そして技術的にも優れていて隙がないし、知的なドリブルとパスワークをも持ち合わせている。同選手は5年間ウクライナでプレーしていた。そしてこの先、我々は同選手が次のステップへと成長することを期待している。コスタは様々な形で起用可能だ。彼が来ることになり喜んでいる」と、24歳の同選手が多くの可能性を秘めていることを強調した。

ザマーによると、FCバイエルンの新シーズンに向けた準備は順調だという。その理由についてザマーは「我々のチームは、選手のクオリティーと年齢層に関して大変良い、ポジティブなミックスとなっている。我々は最高のチームだよ」と述べ、自信を覗かせた。コスタは現在休暇中の他の選手と同様、7月11日からチームに合流する予定だ。

復帰が待たれるリベリーとバドシュトゥーバー

負傷中のフランク・リベリーとホルガー・バドシュトゥーバーは、チーム合流までにまだ時間が必要となる。ザマーは「フランクの復帰を待っている。彼のためにバックアップは惜しまない」と宣言し、選択した治療法が最適であると確信している。バドシュトゥーバーについては、きっと「中期」の離脱期間を経て再び起用可能な状態まで回復するだろうと、同氏は考えている。ザマーは、「ホルガーはとても良い状態にある。負傷は適切な治療を受け、すでに順調な回復を見せている。焦る必要はない。治癒の経過を見て、適切な負荷のバランスを考えていく。そうすれば、彼は完璧なコンディションで復帰できるだろう」と報告した。

バドシュトゥーバーはトレーニング初日、リベリーと同様に医療部門の管理下に置かれた。その間、芝の上では15人の選手がタイトル防衛のシーズンを開始した。ザマーは「未だかつて、ブンデスリーガで4回連続で優勝したチームはない」と言い、その前代未踏の4連覇をドイツマイスターの目標として掲げた。同氏によれば他の大会、例えば「チャンピオンズリーグやDFBポカールなどは、その他多くの状況に左右される」が、重要なことはシンプルで、宿題をきちんとすることだという。FCバイエルンは水曜日、まさにそのシンプルで大切なことに取り掛かったといえよう。