presented by
Menu
上海に到着

もう一度「ベストを尽くしたい」バイエルン

次の街で待ち受けていたのは、またしてもあの手厚い歓迎だった。水曜日に上海に到着した後、マヌエル・ノイアーが「中国にいるバイエルンファンの数は本当に多い。明日が楽しみだよ」と、空港での素直な感想を口にしていた。

約2時間ほどのフライトを終えたバイエルン一同は、現地時間13時38分に1.200万人が住む大都市・上海に着陸した。上海では、木曜日に天河体育中心体育場でアウディ・サマーツアー最後のテストマッチが開かれる。対戦相手は、中国王者の広州恒大だ。

ペップ・グアルディオラは、過去にFIFAクラブW杯で対戦経験を持ち、現在はフェリペ・スコラーリが監督を務める対戦相手について、「おそらく中国最強のチームと戦うことになる。我々の最後の試合だ。ベストを尽くしたい」と意気込みを述べた。しかし、「ビッグプレーヤーを見ることはできるだろうが、何分間かはわからない」とも話し、「フィリップ・ラームが先発しない代わりに、マヌエル・ノイアーがキャプテンマークを巻く」と、具体的な名前を挙げて説明した。

中国遠征で行ったトレーニングの成果に関しては、全体的に満足を示しているグアルディオラ。「全員よくトレーニングしていた。良いコンディションだね。新たな怪我人もいない」と報告すると、新加入選手のチームへの溶け込み具合についても、「今のところすべて順調」と安心させた。だが、逆にチーム内のポジション争いについては、「出場機会のために選手たちは毎日戦わなければならない。この競争環境が、最終的にタイトルを獲得できるかどうかを左右する」と断言した。

北京の蒸し暑い環境下で5回のトレーニングと2回のテストマッチを行ってきたバイエルンだが、さらに気温と湿度が増す上海では、グアルディオラがチームに一旦ブレーキをかけるようだ。体調などが考慮された結果、水曜日は天河体育中心体育場の近くで軽めのメニューのみが用意されている。そしてフィリップ・ラーム、トーマス・ミュラー、メディ・ベナティア、チアゴ、ハヴィ・マルティネスに至っては完全にホテルで待機となった。また、木曜日の午前中のトレーニングも、グアルディオラによってキャンセルされている。

つまり、木曜日の夜に控える広州恒大戦まで、バイエルンは力を温存するということだ。「また大勢のファンが来てくれて、すばらしい試合が経験できることを願っている」とノイアー。