presented by
Menu
インサイド

コスタ、バイエルンで初トレーニング

ダグラス・コスタには、赤い色が良く似合う!コスタは7月10日(金)の夕方、FCバイエルン・ミュンヘンの選手として初めてのトレーニングをゼーベナー通りで行った。この日2回目となる練習の前に、ペップ・グアルディオラがこのブラジル出身の新加入選手を紹介し、チームメイトたちは拍手で迎えた。コスタは翌11日(土)、アリアンツFCバイエルン・チームプレゼンテーションにて公にバイエルン選手として紹介されることになる。金曜日の夕方には、ジェローム・ボアテングもトレーニングに姿を現した。W杯勝者である同選手は、休暇後の初練習で軽くランニングをこなした。

ローデがトレーニング復帰、ロッベンは休養

足首の関節包を痛め、今週の練習量をセーブしていたセバスティアン・ローデが10日(金)、再びチームと共にトレーニングの全メニューをこなした。それに対して、本来オフの木曜日に特別メニューをこなしたアリエン・ロッベンは、金曜日のトレーニングは不参加となった。同選手にはこの先の数日間も、トレーニングの量の調節が必要となる。ロッベンはfcbayern.deに対して、「調子はとてもいい。だが僕は休暇前、長い間負傷していた。だから理性的に考え、しっかりと計画を立てなければならない。今大事なのは基礎トレーニングだ。この先スーパーカップやポカール、それにブンデスリーガなどの重要な試合が控えているが、その時には最高のコンディションでなければならない」と、自身の状態について説明した。

アリアンツ・アレーナで世界王者の対戦

サッカーファンは2016年3月29日まで、ミュンヘンで行われる特別な1戦を待ちわびることになる。フランスで開催される欧州選手権の決勝トーナメントを目前にして、現世界王者であるドイツ代表と4度のW杯優勝経験を誇るイタリア代表とのテストマッチが決定したのだ。試合会場はアリアンツ・アレーナ。このことは10日(金)、ドイツサッカー連盟がフランクフルトで発表した。ドイツとイタリアは、これまでに32回対戦しているが、その戦績はドイツの7勝15敗10分けとなっている。両代表による強者同士の対戦がミュンヘンで行われるのは、初めてのこととなる。