presented by
Menu
「とても幸せ」

ビダルが4年契約にサイン

ついに完了!アルトゥーロ・ビダルが7月28日(火)15時20分(現地時間)、FCバイエルンとの2019年までの4年契約にサインを済ませた。これによりチリ出身で28歳の同選手は、ユヴェントスからドイツ王者のバイエルンへと移籍を果たした。ビダルはすでに月曜日、メディカルチェックを受けるためにミュンヘンに到着している。fcbayern.deがその場に同席し、新加入の同選手に初インタビューを行った。

fcbayern.deミュンヘンへようこそ、アルトゥーロ。今の気分を教えてくれる?
アルトゥーロ・ビダル 「とても幸せだよ。僕のキャリアにおける新しい一歩だ。ここで自分の役割をしっかり果たせることを祈っている。チームを支え、タイトルを獲得したい。僕の夢は今、現実になり始めたところだ」

fcbayern.deFCバイエルンへの移籍を決めた理由は?
アルトゥーロ・ビダル 「僕のキャリアにおいて、新たに大きな一歩を踏み出したかったからだ。選手としてまだ成長し続けたいし、チャンピオンズリーグのような大きな大会で優勝したい。僕にとってその目標を達成する可能性が最も高いのが、FCバイエルンに来ることだった」

fcbayern.de君は昨年、ユーヴェでほとんど3冠に手が届くところだったね。FCバイエルンでの目標はある?
アルトゥーロ・ビダル 「昨シーズンは3冠達成を成し遂げられなかったが、そんなに多くのミスをしたわけではなかった。FCバイエルンで今度こそ達成できることを祈っているよ。それが目標だ」

fcbayern.de再びブンデスリーガに戻ってきて、嬉しいかい?
アルトゥーロ・ビダル 「再びブンデスリーガでプレーすることになり、感激しているよ。そしてもちろん優勝を狙いたい。レヴァークーゼンにいた当時は叶わなかったけれど、FCバイエルンならそのチャンスは十二分にある」