presented by
Menu
新シーズンの展望

ラーム「新記録の樹立を目指したい」

選手たちの足取りが重くなってきた。集中的なトレーニングに加えて、更にホテルでのフィットネスメニューを消化しているのだから、それも当然だろう。おまけにこの蒸し暑さ、そして長距離の移動。FCバイエルンは、アウディ・サマーツアーの日程を怒涛の勢いでこなしている最中だ。シャビ・アロンソは7月21日(火)、「ここまで全て順調だ。僕たちはこの先も、同じように続けていかなければならない」と、準備の進み具合について語った。

バイエルンは現在、新シーズンも栄光に満ちたシーズンとするための基盤を築いているところだ。チームの目標はいつもと同じ。つまり主将フィリップ・ラームが上海のチームホテルで行われた記者会見で宣言したように、「全ての大会において勝ち上がること」だ。同選手はさらに、「4シーズン連続でブンデスリーガ優勝を成し遂げるという、新記録の樹立を目指したい。実現できたら素晴らしいことだ」と続けた。

ラームは、チームが今シーズンも「全ての大会において」優勝争いに絡むことを確信している。その理由を「僕たちのチームは強い。全てのポジションで起用されているのは、どれもトップクラスの選手ばかりだ」とし、さらに「マヌエル・ノイアーやトーマス・ミュラー、ジェローム・ボアテング、ダヴィド・アラバ、それにホルガー・バドシュトゥーバー。皆現在、サッカー選手として大変良い年齢に差し掛かっている選手だ」と具体的なチームメイトの名も挙げた。

またアロンソも「僕たちには、どんなチームを相手にしても勝利を狙えるような良いメンバーが揃っている」と、新シーズンに関してラーム同様にポジティブな見通しを持っている。FCバイエルンに来て2年目を迎える同選手は、今シーズンが自身にとって「もっと簡単」であるように祈っており、「ここでの流れに慣れてきたし、とても良い気分で過ごしている。しっかりと順応できた」と現状について報告した。アロンソはさらに、ドイツ語学習においても目覚しい進歩を見せている。

33歳のアロンソはまだ、上海という都市についてあまり多くは見ていない。しかし同選手は20日の夜にチームメイトと共にアウディ・ナイトに参加し、この大都市の華やかな夜景を堪能することができた。アロンソは「ここにいるのは素晴らしいよ。ミュンヘンからこんなに遠く離れているにもかかわらず、信じられないくらいに熱狂的なファンにも会える。すごいことだよ」と、中国でのツアーの感想を述べた。インテル・ミラノとのテストマッチ(火曜日14時、CEST)が終われば、バイエルン一行は22日(水)の朝(現地時間)、中国ツアーの最後の目的地である広州へと移動する。