presented by
Menu
上海発

中国日記 パート2 — トーマス・ミュラー

上海でも、最も大きな声援が寄せられたのは、バイエルンが生んだ世界チャンピオンのトーマス・ミュラーだった。サイン会の際にも、柵越しにファンに引き込まれはしないかと、注意が必要なくらいの人気ぶりだった。中国日記 パート2で、ミュラーは、このような熱狂的なファンや、上海行きフライトでのトラブル、さらには、卓球や上海での初練習について語る。