presented by
Menu
ポカール戦後のコメント

「ブンデスリーガ開幕戦に向けた良いテスト」

FCネッティンゲンと対戦したDFBポカール第1ラウンドで3-1(3-1)の勝利を挙げ、FCバイエルンは満足して家路についた。ペップ・グアルディオラは「この大会はいつも危険だ。大変満足している」とのコメントを残した。またマリオ・ゲッツェはこの1戦を「ブンデスリーガ開幕戦に向けた良いテスト」だと捉え、「僕たちは、しっかり準備ができている」とリーグ初戦に向けて自信をのぞかせた。

コメント一覧

ペップ・グアルディオラ:「この大会はいつも危険だ。大変満足している。私の選手たちはいつでも闘志にわいているが、気温が36度もある午後4時の試合は簡単なものではない。金曜日に行われるハンブルクとの開幕戦のためにエネルギーを蓄えなければならない」

フィリップ・ラーム:「僕たちのほうがレベルが高いというのは、論じるまでもない。でも今日最も重要なのは、誰も怪我をすることなく第2ラウンド進出を決めたことだ」

マリオ・ゲッツェ:「金曜日のブンデスリーガ開幕戦に向けた良いテストだった。僕たちは、シーズンに向けてしっかり準備ができているし、希望に溢れている。今シーズンが楽しみだよ」

アリエン・ロッベン:「ネッティンゲンは自陣深くに退いていた。そうなると簡単にはいかない、相手がどのリーグでプレーしているかなんて関係ないよ。僕たちはチャンスをもっと活かせるようにならなければ」

ミヒャエル・ヴィットヴェル(ネッティンゲン監督):「全てが機能したこと、そしてサッカー大国のドイツが我々のプレーに満足していることを嬉しく思う」