presented by
Menu
プレスリリース

アリアンツ・アレーナが世界一モダンなマルチメディアスタジアムに

FCバイエルン・ミュンヘンが、2002年から継続している電気通信事業者ドイツテレコムとのパートナーシップを契約満了が来る前に延長した。8月13日(木)、アリアンツ・アレーナで開かれた記者会見にて発表された。テレコムとの最新のメインスポンサー契約期間は2023年まで。

新たな契約の同意には、両者が今後さらに密接に関わり、長期的で徹底した共同プロジェクトを実施するという意図がある。スタジアム内のネット環境やモニターの設置などを大きく発展させる壮大なプロジェクト「スタジアムビジョン」により、世界一モダンなマルチメディアスタジアムとなったアレーナで、FCバイエルンは明日、新シーズン入りを果たす。

以下のダウンロードリンクから、ドイツテレコムが発表した契約延長とプロジェクト「スタジアムビジョン」に関する情報(ドイツ語)をお読みいただけます。