presented by
Menu
アムステルダムからウィーンまで

バイエルンの12選手が代表戦へ

今シーズン最初の代表ウィークに入り、多くのバイエルン選手たちが各国代表に合流するために旅立った。fcbayern.deが、ユーロ予選を含む国際試合の日程をまとめた。

マヌエル・ノイアー、ジェローム・ボアテング、マリオ・ゲッツェ、トーマス・ミュラー

ドイツ代表には、ユーロ予選の重要な2試合が控えている。W杯優勝者のドイツ(勝ち点13)は9月4日(金、ドイツ時間20時45分)、まずはフランクフルト・アム・マインでグループ首位のポーランド(勝ち点14)を迎え撃つ。この1戦に勝利すれば、ノイアーをはじめとするドイツ代表が予選グループDのトップとなる。ポーランド戦と同様、厳しい戦いとなりそうなのは9月7日(月、同20時45分)、グラスゴーで行われるスコットランド(勝ち点11)との対戦だ。この試合でドイツ代表は、さらなる勝ち点3の獲得を目指すことになる。

ロベルト・レヴァンドフスキ

グループ首位の座を維持し、2位のドイツとの差を広げたいポーランド。フランクフルトのコメルツバンク・アレーナで、フランスで開催されるユーロ本大会への切符をかけたビッグマッチに臨む。その3日後の月曜日(同20時45分)、レヴァンドフスキを主将に抱くポーランドはワルシャワでジブラルタルと対戦する。ここまで勝ち点0の相手に対し、ポーランドが更なる勝ち点3を手に入れる可能性は十分にある。

ダヴィド・アラバ

アラバ擁するオーストリア代表は、これまでの6試合で5勝1分けという成績を収め、堂々のグループトップに君臨している(勝ち点16)。5日(土、同20時45分)にウィーンでグループ最下位のモルドバと対戦するが、このホーム戦で勝利を挙げることができればグループ首位確定となる。オーストリアは8日(火、同20時45分)、ソルナにてグループ2位のスウェーデン(勝ち点12)と対戦する。

アリエン・ロッベン

ロッベンを新キャプテンに迎えたオランダ(勝ち点10)は3日(木、同20時45分)、アムステルダムでグループ首位のアイスランド(勝ち点15)と試合を行い、その3日後(同18時)にはコンヤで同4位のトルコ(勝ち点8)と対戦する。ユーロ本大会へ進むために、この2試合で何としてでも勝ち点を手にしたいオランダ。ロッベンは、「生き残りを懸けた戦いだ。両試合で勝たなければならない」と気を引き締めるも、「僕たちはやり遂げられると信じている」と前向きな姿勢を見せている。

フアン・ベルナト

スペインは現在、勝ち点15で予選グループ2位についている。首位の座にあるのは、未だ負けなしのスロバキア(勝ち点18)だ。両チームは9月5日(同20時45分)、オヴィエドにて直接対決するが、この試合に勝つことが出来れば、スペインが首位に並ぶことになる。さらに3日後(同20時45分)、スペインはスコピエでマケドニア(勝ち点3)と対戦する。長期にわたって負傷していたチアゴは、今回は代表に招集されていない。

ダグラス・コスタ

ブラジル代表は、比較的リラックスして代表戦に臨むことができる。アメリカツアーを行う同代表は9月5日、ハリソンでコスタ・リカと、そして8日にフォックスボロでUSAとテストマッチを行う。コスタ擁するブラジルにとって、これらは10月に行われるW杯予選前最後のテストとなる。

アルトゥーロ・ビダル

W杯予選前に最後のテストを控えているのは、コパ・アメリカ勝者のチリも同様だ。ビダルは9月5日、チームメイトと共にサンティアゴでパラグアイと対戦する。

ヨスア・キミッヒ

U21ドイツ代表は9月3日(木、同18時)、リューベックで行われるデンマークとのテストマッチを皮切りに、オリンピックシーズンに突入する。そしてその5日後、キミッヒらU21ドイツ代表はポーランドでU21欧州選手権の予選に参加する。初戦のアゼルバイジャン戦は、9月8日(同16時)にバクーで行われる。

キングスレイ・コマン

テストマッチを行う他の新加入選手とは違い、バイエルンに入ったばかりのコマンにとっては、勝ち点獲得が重要となる。同FWは土曜日(同16時)、コーパヴォグルでU21フランス代表としてアイスランドと対戦する。その後の火曜日(同21時)、締めくくりとしてル・マンにてU21ブラジル代表とテストマッチを行う予定だ。