presented by
Menu
インサイド

乾杯! FCBのパウラーナー撮影会

本日火曜、ゼーベナーシュトラーセでのトレーニングを終えたFCバイエルンの選手たちは、毎年恒例のチーム行事のために、バイエルン州の民族衣装(《レーダーホーゼ》(革製の半ズボン)と《トラフテンヘムド》と呼ばれるシャツ)に身をまとい、ハーフェル靴を履いて身支度を整えた。トーマス・ミュラーやフィリップ・ラームらバイエルン勢は、毎年オクトーバーフェスト前のこの時期に行われる恒例のパウラーナー(ドイツビールの醸造元)の写真撮影に臨んだ。民族衣装を見事に着こなし、一足先にオクトーバーフェスト気分を味わう一同の中には、新加入のアルトゥーロ・ヴィダルやダグラス・コスタの姿もあった。選手たちは、民族衣装で集合写真を撮ったあと、ビアガーデンをイメージしたセットに移動し、パウラーナーカップ・デス・ズューデンス(パウラーナー主催の大会)に向けたプロモーション撮影にも臨んだ。

アラバ、オーストリア代表に復帰

膝の負傷により、3月末以来代表から離れていたFCBのダヴィド・アラバが、久しぶりにオーストリア代表に招集された。マルセル・コラー監督に呼ばれたアラバは、ユーロ予選のモルドバ戦(9月5日)とスウェーデン戦(9月8日、アウェイ)に出場する予定。初戦のモルドバ戦を制し、かつロシアがスウェーデン戦で勝点を取りこぼせば、オーストリアはグループGの1位通過が確定し、早くも2016年ユーロ・フランス大会への切符を手にすることになる。オーストリア代表には、アラバ以外にもブンデスリーガから9名、さらにブンデスリーガ2部から3名と、ドイツでプレーする選手が合計13名も選ばれている。

ドリームマッチ2015:チケット販売中

30日(日)、デッゲンドルフ(ニーダーバイエルン)のドーナウ・ヴァルト・シュターディオンでは、今年で9回目を迎えるドリームマッチが行われる。毎年このドリームマッチでは、FCバイエルンのトップチームがFCバイエルンのファンクラブと対戦する。今年の対戦相手は、ファンクラブ「レッドパワー」。今年のドリームマッチのチケットは、残席わずかだがhttp://www.traumspiel2015.de/tickets.php(ドイツ語のみ)にて販売中。収益金が全額寄付されるのも、このドリームマッチの特徴だ。