presented by
Menu
ザグレブ戦後のインタビュー

「チームの調子がいい」

5-0で勝利したディナモ・ザグレブ戦にはバイエルン全員が満足していた。ペップ・グアルディオラは試合後の記者会見で「いいパフォーマンスだった。チームの調子がいい」と称賛し、主将フィリップ・ラームは「今日の試合はずっと僕たちが支配していた」と第2節を振り返った。

コメント一覧:

ペップ・グアルディオラ「選手たちを祝福する。いいパフォーマンスだった。カウンターを阻止し、ゲームをしっかりとコントロールすることができた。勝ち点6、順調だよ。チームの調子がいい。明日は今年初めてオクトーバーフェストへ行く。ドルトムント戦について熟考する時間はその後にもある」

フィリップ・ラーム「立ち上がりから集中してプレーできた。チャンスを活かせたことで、30分が経過した時点でもう勝敗をつけることができた。これは正直に言わなければならない。今日の試合はずっと僕たちが支配していた。カウンターもさせなかった。大事なことだ」

マリオ・ゲッツェ「フレキシブルな攻撃で、生まれたスペースを活用することができた。相手が9人や10人で低く守ってくるときは、そういったところが重要になる。早い時間帯に先制できたのも僕たちにとって有利に働いた。満足していいと思う。貴重な勝ち点3だ」

ゾラン・マミッチ(ディナモ・ザグレブ監督)「バイエルンは自身の強さを見せつけていた。すべての状況において彼らが上回っていたし、我々のミスを見逃さなかった。バイエルンとの実力差は非常に大きかった」