presented by
Menu
試合後のインタビュー

「説明などできない」

信じられない!完売となったアリアンツ・アレーナにいた75,000人の観客は、この夜のことをそう簡単には忘れられないだろう。FCバイエルンはVfLヴォルフスブルクと対峙したトップゲームで5-1(0-1)の勝利を挙げ、暫定的にリーグ首位の座を手に入れた。最優秀選手に輝いたのは、9分以内に5得点を挙げたロベルト・レヴァンドフスキだ。同ストライカーは「全く信じられないよ。もちろんとても満足している」と、試合後のインタビューで語った。

コメント一覧

ペップ・グアルディオラ「監督としても、現役の選手としても、このようなシチュエーションに遭遇したことはない。9分間に5得点。ロベルトが活躍してくれて私も嬉しい。45分間あまり良くないプレーが続いた後で、9分間に5ゴールも決まるなんて。説明などできない」

カール=ハインツ・ルンメニゲ「レヴァンドフスキは軽傷を負っていたため、後半から途中出場した。彼は勢いをもたらし、常に正しい時に正しい場所にいた」

ロベルト・レヴァンドフスキ「もちろんとても満足している。全く信じられないよ。僕にとって忘れられない夜となった。前半が終わった時点で、僕たちはリードされていた。僕たちは2点取らなければいけなかったから、全力でゲームに入った。3ゴール目か4ゴール目の後にスコアボードを見て、まだたくさん時間が残っていることに驚いたよ。監督は何も言う必要はなかった。自分がすべきことはわかっていた」

フィリップ・ラーム「ハーフタイム中に入った選手が、すごいことをやってのけた。とても信じられない。素晴らしいよ。しかも彼は、さらに2回もチャンスを作り出したんだ。あれが入っていたら、7ゴールを挙げていたことになる」

ジェローム・ボアテング「彼は世界で最も優秀なストライカーの1人だ。彼が同じチームでプレーしていて良かったよ。彼を止めるのは難しい。トレーニングで彼と競り合うことは、僕にとってプラスになっている」

ディーター・ヘッキング(VfLヴォルフスブルク監督)「何を言えばいいというんだ?世界クラスのストライカーが5得点を挙げたが、それが7得点になる可能性もあった。これが今日の感想だ。もちろん、あってはならないことだ。前半、我々は良い試合をしていた。バイエルン・ミュンヘンを自分たちのゴールから引き離し、彼らは試合のリズムをつかめなかった。そして後半、あの9分間がやってきた。同点に追いつかれた50秒後に逆転されるなど、許してはならない。このようにやられてしまったことを、今日は受け入れなければならない」

ダニエル・カリジュリ「僕たちは先制したが、後半に入った途端に同点に追いつかれてしまい、ショックを受けてしまった。その後、なぜああなってしまったのかわからない。ひどい時間だった。早く忘れなければならない。バイエルンの力を披露するデモンストレーションのようだった」

マクシミリアン・アーノルド「わからないよ。説明できることではない。多く語る必要はない」