presented by
Menu
インサイド

バイエルンが難民問題に意思表示

ホームで迎えたFCアウグスブルク戦では、FCバイエルン・ミュンヘンの選手たちがドイツの子供たちだけでなく、難民の子供たちと一緒にピッチに入場し、難民受け入れに対する明確な意思表示をした。アリアンツ・アレーナに足を運んだ75,000人のサポーターも拍手喝采で迎えていた。

13名の協力者が自己の信念を主張し表彰

アウグスブルク戦が始まる前、スタジアムではドミニク・ブルナー氏の6度目の命日にちなんで、FCバイエルンが活動を支える『ドミニク・ブルナー財団』が、自己の信念を主張する勇気ある13名の行動を表彰した。カール・ホプフナー会長とカール=ハインツ・ルンメニゲ代表取締役社長は、協力者の私利私欲を捨てた行為を評し、謝礼金と『団結は強くする』を意味するピンバッジを授与した。

アリエン・ロッベンがサイン会

アリエン・ロッベンが9月13日(日)、FCバイエルンのミュージアムで12時からサイン会を行う。他にも、シーズン中にミュージアムで複数回サイン会が予定されている。