presented by
Menu
ピレウス、アーセナル、ザグレブ

バイエルンのCL対戦相手もみな勝利

来週、待ちに待ったUEFAチャンピオンズリーグが開幕する。ブンデスリーガで開幕4連勝を飾ったFCバイエルンは準備万端だ。ドイツのレコルトマイスターの対戦相手は、オリンピアコス・ピレウス、FCアーセナル、ディナモ・ザグレブの3チーム。この3チームもまた、それぞれの国内リーグで快調な滑り出しを見せている。

オリンピアコスは無敗

16日(水)、FCバイエルンの初戦の対戦相手となるオリンピアコス・ピレウスは、これまでリーグ戦3戦全勝、8得点1失点と最高のスタートを切り、ギリシャリーグの首位に立つ。昨季リーグ戦とカップ戦の2冠を達成したピレウスは、昨日土曜にはホームでAOプラタニア・ハニアを3-1(前半1-0)で下している。ここ19年間で17ものタイトルを荒稼ぎしているピレウスで、この試合、得点を決めたのは、ジミー・ドゥルマズ(11分)、アレハンドロ・ドミンゲス(52分)、アルトゥール・マスアク(59分)の3名だ。プラタニアのゴールを決めたのはヤヤ・バナナ(71分)だった。

アーセナル、一歩も譲らず

英国プレミアリーグでは、FCアーセナル・ロンドンが首位のマンチェスター・シティーを追いかけている。ガナーズは、第5節のホームゲーム、ストーク・シティー戦(元バイエルンのシェルダン・シャキリが所属)で2-0(前半1-0)と勝利、勝点を10に伸ばし、勝点15の首位シティーを追いかける。アーセナルの得点を決めたのは、セオ・ウォルコット(31分)と、途中出場のオリヴァー・ジルー(85分)。ドイツ代表として世界王者に輝いたペア・メルテスアッカーは、カゼでこの試合を欠場した。

ザグレブ、首位

昨年、クロアチアでリーグ制覇とカップ優勝の2冠を達成したディナモ・ザグレブは、第9節を終えた段階で2位のハイドゥク・スプリットに勝ち点差3をつけて首位に立っている。ザグレブは、11日(金)の夜に行われた同じ街のロコモティヴァ・ザグレブを相手に4-0(前半1-0)と快勝した。チリ代表アンジェロ・エンリケス(36分、64分)が2点を奪うと、同じくチリ人のジュニオール・フェルナンデス(70分)とアルゼンチン人のレアンドロ・シガリ(74分)が2点を追加し、5勝目をものにした。