presented by
Menu
ダービー戦後のインタビュー

ミュラー「ボールを持っているときが遅かった」

最後まで戦い、試合をひっくり返し、勝利した。だが、ペップ・グアルディオラが満足を示したのは、FCアウグスブルクに2-1で逆転勝利を収めたという結果のみだった。監督は「我々は90分間プレーしなければいけないんだ。45分だけではない」と前半のプレーについて酷評し、ミュラーも「ボールを持ったときが少し遅かった」と反省を述べた。

コメント一覧:

ペップ・グアルディオラ「代表戦の後が難しいのは分かっている。だが、それは言い訳にならない。我々は90分間プレーしなければいけないんだ。45分だけではない。前半は動きがよくなかった。プレースピードが遅かった。今後はこれが改善されることを願う。アウグスブルクはとてもいい守備をしていた。しかし、後半はたくさんチャンスを演出することができた」

トーマス・ミュラー「ボールを持ったときが少し遅かった。それでもチャンスはたくさん作れたが、それらを活かすことができなかった。PKのときはプレッシャーを感じたよ。90分で逆転が懸かっていたんだからね。ベテランの選手だって僕みたいに緊張する」

マルクス・ヴァインツィール(FCアウグスブルクの監督)「90分を通していいゲームができた。素晴らしい戦いぶりで、やろうとしていたことを再現できた。ただ、持ち堪えることができなかった。ここからの土台となるいいパフォーマンスだったよ。勝点1には値していた。選手たちはよくやった。残念だ」