presented by
Menu
「ただ楽しむのみ」

乾杯! バイエルン、オクトーバーフェストを満喫

公式戦10連勝、ゴールラッシュ、チャンピオンズリーグ・ブンデスリーガともクラブ史上最高のスタートダッシュをきった今年のバイエルン、とにかくビールが美味いこと! 5-0で制したディナモ・ザグレブとの試合から15時間後の本日水曜午後、オクトーバーフェストの会場に集結したチームは、毎年の恒例行事であるオクトーバーフェスト訪問を満喫中だ。

「あまり多くは飲めないけれど、今日は楽しむぞ!」というロベルト・レヴァンドフスキ、今年のオクトーバフェストでは、ほんの二三時間だけとはいえ、バイエルン・ファミリーは、「楽しむのみ」をモットーにしているそうだ。今年もバイエルンの首脳陣、コーチングスタッフ、選手たちは、妻や恋人、子どもたちを帯同して、オクトーバフェストの主会場の一つ、巨大テント《ケーファーズ・ヴィーゼンシェンケ》に参集した。フランク・リベリーによると「オクトーバーフェスト訪問は、FCバイエルンの伝統行事。我々にとっては大事なイベントだ」そうだ。リベリーは、ほかの選手たちと同様、いうまでもなく伝統衣装であるレーダーホーゼンを身にまとい「ここの雰囲気は最高。とても楽しいよ」と続けた。

リベリーは、今ではすっかりオクトーバーフェストの「ベテラン組」入りしているが、今年のチームには、アルトゥーロ・ヴィダル、ダグラス・コスタといった、オクトーバーフェストの「デビュー組」もいる。もっともコスタは「実はもうすでに家族づれで来たことがあるんだ。とても気に入っているよ」と、しっかりと準備して今回の行事に臨んだことを打ち明けた。初来場となったヴィダルもまた、家族と共に世界最大級の文化祭を楽しんでいるように見えた。