presented by
Menu
28人の青少年を招待

FCバイエルンが難民向けのキャンプを開催

FCバイエルン・ミュンヘンは9月23日(水)、故郷から逃れてきた子供たち28人をゼーベナー通りでのトレーニングに招待した。未成年の難民の大部分は、ミュンヘン内の一時的な収容施設に滞在している。そしてFCバイエルンが9月初旬に発表したように、市の社会課から選ばれた子供たち向けのトレーニングキャンプを行う。

FCバイエルン・ミュンヘンは、ミュンヘンのディーター・ライター市長とバイエルン州のヨアヒム・ヘアマン内務大臣の協力のもと、この難民支援プログラムを進めてきた。

プロジェクト『トレーニングキャンプ』では、FCバイエルンのユース部門がミュンヘン市から組織的かつ専門的な援助を受ける。28人の青少年は、FCバイエルン・ユースのコーチ陣の指導を受けながらサッカーをし、社員食堂で食事をとることになる。

ミュンヘン市とFCバイエルンは、初回のトレーニングキャンプの様子を見て、どのくらいの頻度で開催するかを決定する。