presented by
Menu
ブレーメン戦後のコメント

「難しい一戦で勝利を収めた」

ブレーメンとの激しい攻防戦を1-0で制したことに対するバイエルンの安堵は大きかった。ペップ・グアルディオラは記者会見で、「難しい一戦で勝利を収めた」と勝利を喜んだ。ロベルト・レヴァンドフスキは、毎回「完璧な試合」はできないが、「勝点3にとても満足している」とコメントした。

試合後のインタビュー

ペップ・グアルディオラ「難しい一戦で勝利を収めた。ブレーメンはとても引いて守っていた。スペースを見つけるのは簡単なことじゃない。特に、ウィングがいなかったのだからね。我々はうまくゲームをコントロールしたが、1点しかリードがなかった。そうなると自ずと終盤に苦境に立たされてしまう。チームに賛辞を贈る。今回の勝利は、私にとって非常に大きな意味を持つ」

トーマス・ミュラー「新記録であってもなくても、勝点3は3だ。でも、(記録更新は)素晴らしい副産物だよ。僕たちは主導権を握っていたし、特に後半はチャンスが多かった。ブレーメンのペナルティーエリア内で何度かややこしい場面もあったが。2点獲りたかったけど(獲れなかったから)、最後まで緊迫した展開になったんだ。僕たちは秩序だった試合をしたよ」

ロベルト・レヴァンドフスキ「勝点3にとても満足している。たとえ1-0で勝ったとしてもね。毎回完璧な試合はできないものだ。ブレーメンはペナルティーエリア内で5バックを作り、とても守備的にプレーしていた。そうなると僕たちのような攻撃陣にとっては容易じゃない。明らかにPKだったと思う場面もあったけど、幸いにも勝点3を手にすることができた。明日からはチャンピオンリーグに集中する」

ヴィクトル・スクリプニク(ヴェルダー・ブレーメン監督)「我々は意識的に引いて、コンパクトに守ってチャンスを待った。終盤は果敢に攻めたが、正直に言うと、バイエルンはもっと早く試合を決めることができたと思う」

フェリックス・ヴィートヴァルト(ヴェルダー・ブレーメンGK)「僕たちは組織的に守り、バイエルンを手こずらせた。何度かカウンターのチャンスもあった。少しだけ運があれば引き分けに持ち込めた」