presented by
Menu
試合後のインタビュー

「1,000勝、卓越している」

10戦10勝で開幕からの連勝記録を樹立し、さらに1,000勝という歴史的な数字をも叩き出した。1. FCケルン戦の4-0という順当な快勝は、FCバイエルンの歴史に深く刻み込まれることとなった。ペップ・グアルディオラ監督も試合終了後に「1,000勝、卓越している。これに関わったFCバイエルンのファン、選手、コーチ陣、スタッフ全員に賛辞を送る」と喜びを表した。

コメント一覧

ペップ・グアルディオラ「1,000勝、卓越している。これに関わったFCバイエルンのファン、選手、コーチ陣、スタッフ全員に賛辞を送る。我々指導者は、1勝の難しさを知っている。つまり、1,000勝はクラブの大きさを示しているのだ。バイエルン・ミュンヘンの監督であることをとても誇りに思う。試合は難しかった。スペースがなく、中央を通すパスはほぼ不可能だった。できるだけ素早くサイドへボールを運び、そこで1対1を誘発し、とにかくクロスを入れることを目指した。先制点が必要な試合だった」

アリエン・ロッベン「ケルンは非常に深い位置で10人で守ってきた。だから、先制点がとても重要だった。それから前半のうちに2-0にできて、とてもいい状況になった」

ペーター・シュテーガー(1. FCケルン監督)「今日はよりよかったチームが順当な勝利を収めた。深刻な違いが両チームの間にあったのは間違いなく見て取れた。中央のスペースを消すことで苦しめようと試みた。唯一私が気に入らないのが、3,4回あった前半のカウンターチャンスで一切何も生み出せなかったことだ。FCバイエルンの1,000勝を祝福する」