presented by
Menu
負傷離脱

ゲッツェが怪我で数週間離脱

痛恨の知らせが入った。マリオ・ゲッツェの10~12週間の離脱が明らかになったのだ。同選手は木曜日の晩、ユーロ予選のドイツ対アイルランド戦(0-1)に出場し、内転筋を痛め途中交代。金曜日の検査結果で筋腱断裂を負っていたことが判明した。ゲッツェは一先ずドイツ代表の医療チームの下、ライプツィヒで治療を受ける。

アイルランド戦では35分にピッチを退いたゲッツェだが、今季は公式戦12試合中11試合に出場し4得点をマークするなど、今のところ確実にFCバイエルンを支える主柱の一人だった。しかし今回の離脱により、今後数週間のブンデスリーガおよびチャンピオンズリーグ、そしてDFBポカールの2回戦のVfLヴォルフスブルク戦に欠場することになる。