presented by
Menu
ユーロ予選ラストスパート

バイエルンからは11人が各国代表戦へ

ユーロ予選もいよいよ大詰めだ。残っているのはあと2節のみ。それが終われば、フランスでのユーロ本戦にどこが直接出場するのか、どこがプレーオフへ進むのか、そしてどこが敗退するのかが明らかになる。バイエルンの選手が招集された代表チームの展望は明るそうだ。

まずダヴィド・アラバのオーストリア代表は、グループGのトップを独走し、すでに直接出場権を獲得している。つまり、残りのモンテネグロ戦とリヒテンシュタイン戦はいずれも消化試合になる。グループDで首位のドイツ代表も、まだ確定こそしていないが切符獲得は安泰だろう。木曜日に控えるアイルランド戦を引き分け以上で終えれば、少なくとも上位2位通過が決定する。同じくグループDのポーランド代表は、現在2位でドイツを追いかけている形だ。また、チアゴ擁するスペインもグループC首位で、予選突破の可能性は限りなく高い。

一方、南アメリカ大陸では2018年ロシアW杯への出場権を懸けた予選が行われる。しかも、開幕戦からいきなりビッグマッチがお目にかかれるのだ。ビダル擁するチリが金曜日の晩、ダグラス・コスタ擁するブラジルと対戦する。fcbayern.deが代表戦に参加するFCバイエルン・ミュンヘンの全選手の概要を以下に紹介する。

ドイツ:マヌエル・ノイアー、トーマス・ミュラー、マリオ・ゲッツェ、ジェローム・ボアテング
木曜日20時45分キックオフ、対アイルランド(会場:ダブリン)
日曜日20時45分キックオフ、対グルジア(会場:ライプツィヒ)

ポーランド:ロベルト・レヴァンドフスキ
木曜日20時45分キックオフ、対スコットランド(会場:グラスゴー)
日曜日20時45分キックオフ、対アイルランド(会場:ワルシャワ)

スペイン:チアゴ
金曜日20時45分キックオフ、対ルクセンブルク(会場:ログローニョ)
月曜日20時45分キックオフ、対ウクライナ(会場:キエフ)

オーストリア:ダヴィド・アラバ
金曜日20時45分キックオフ、対モンテネグロ(会場:ポドゴリツァ)
月曜日18時キックオフ、対リヒテンシュタイン (会場:ウィーン)

ブラジル:ダグラス・コスタ
金曜日1時30分キックオフ、対チリ(会場:チリ・サンティアゴ)
水曜日3時キックオフ、対ベネズエラ(会場:フォルタレザ)

チリ:アルトゥーロ・ビダル
金曜日1時30分キックオフ、対ブラジル(会場:チリ・サンティアゴ)
水曜日4時15分キックオフ、対ペルー(会場:リマ)

U21ドイツ・ユーロ予選:ヨスア・キミッヒ
金曜日18時キックオフ、対フィンランド(会場:エッセン)
火曜日18時30分キックオフ、対フェロー諸島(会場:フェロー諸島)

U21フランス・ユーロ予選:キングスレイ・コマン
土曜日16時キックオフ、対スコットランド(会場:アバディーン)
火曜日18時45分キックオフ、対ウクライナ(会場:ストラスブール)