presented by
Menu
インサイド

ユーロ予選でも決定力抜群のレヴァンドフスキ

今年のユーロ予選はロベルト・レヴァンドフスキにとってもポーランド代表にとっても真の成功ストーリーとなった。火曜日の晩、本戦となるフランス大会への切符を獲得した裏で、レヴァンドフスキが個人的な記録を叩き出していた。同FWが最多得点となる13ゴールをマークし、元北アイルランド代表のデイビット・ヒーリーの記録に並んだのだ。さらに、グルジア戦では242秒でハットトリックを達成し、ハットトリック最速記録を更新。しかもポーランド代表は、合計33得点で最も攻撃力のあるチームに輝いた。レヴァンドフスキがこの調子を週末の試合でも保ってくれることを願う。