presented by
Menu
インサイド

ロッベンが復帰へ前進

月曜日の午前中、アリエン・ロッベンが公開トレーニングに姿を現すと拍手喝采がピッチを包み込んだ。同オランダ代表はヨスア・キミッヒとラフィーニャとシュートやドリブル練習に加えスプリントといったハードなメニューをこなし、復帰に近づいている様子を見せた。ロッベンは9月初旬に代表戦で内転筋を痛め、それ以来離脱が続いている。代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲは、同選手が今回の中断期間後に再び出場可能になることを願っている。

ベナティアがランニング開始

カムバックに励んでいるのはメディ・ベナティアも同じ。同モロッコ代表は月曜日、太腿の筋肉を怪我してから初めて軽目のランニングをこなした。また、ベルナトも2節のホッフェンハイム戦(8月22日)以来離脱中。