presented by
Menu
軽めの怪我

長期脱を免れたコマン

新戦力キングスレイ・コマン(19)の負傷離脱がそこまで長引かないことが明らかになった。U21フランス代表の試合で太腿を痛めたコマンだが、幸いなことに軽傷であることが判明。今後はバイエルンの医療チームの管理下で治療を続ける。コマンが土曜日のブンデスリーガ9節ブレーメン戦に出場できるかどうかは、現段階では分からない。