presented by
Menu
ゴール & 勝利

1,000勝目に加え3つの記録更新

土曜日の晩は勝利以外にもいくつか祝福すべき事実がある。まず、歴史に残るブンデスリーガ1,000勝目を記録したことがひとつ、そしてその他3つの記録を以下に紹介する:

開幕からの連勝記録
10戦10勝―1. FCケルン戦に4-0(2-0)で快勝したFCバイエルンが、リーグ戦開幕からの連勝記録をさらに更新した。今までの最連勝記録は、3冠を達成した2012-13シーズンの『8』。また、欧州の5大リーグと比べても、今年のバイエルンを上回る数字を記録したのは1960-61シーズンのトッテナム・ホットスパーのみとなる(開幕から11連勝)。

最多ゴール数
バイエルンはこれまでの10試合で、過去最多となる合計33ゴールを決めた。これで、1976-77シーズンのバイエルンと1974-75シーズンのアイントラハト・フランクフルトが記録した32ゴールという数字を塗り替えた。

レコードコンビ
ロベルト・レヴァンドフスキとトーマス・ミュラーがケルン戦でそれぞれ1ゴールを挙げ、2人の合計得点数が23(レヴァンドフスキ:13、ミュラー:10)となった。ブンデスリーガ史上、この時期にこれよりも多く得点を記録した2人組みはいない。