presented by
Menu
アーセナル戦後の報道

「ヨーロッパ中に報じられた」

アーセナルFC戦での5-1の勝利は、ヨーロッパ中の注目を集めた。「バイエルンはまるで他の星から来たかのようなプレーをした」と報じたのはイギリスのテレグラフ 紙だが、スペインやフランスの新聞も勝者を絶賛した。アーセナル戦大勝に関する国際記事の一部を、fcbayern.deが紹介する。

記事一覧

イギリス

ガーディアン
「ロベルト・レヴァンドフスキがアーセナル守備陣の隙を突き、今季18ゴール目を挙げたその瞬間から、バイエルンは勢いづいた。バイエルンのパフォーマンスはニュースとなってヨーロッパ中に報じられ、痛手を負ったアーセナルを置き去りにした。この試合はアーセナルにとって、今季のチャンピオンズリーグ終了を告げるものとなるかもしれない」

デイリー・メール
「敗北!アーセナルは苦境に陥った。バイエルンは見事、0-2で負けた前節の雪辱を果たした」

テレグラフ
「アーセン・ヴェンゲル率いるアーセナルは、アリアンツ・アレーナで卓越したドイツのチームと対戦し、史上最大の敗北を喫した。どこか上の空のようなアーセナルに対し、バイエルンはまるで他の星から来たかのようなプレーをした」

スカイ・スポーツ
「アリアンツ・アレーナで圧倒的なバイエルンに5-1で敗れ、アーセナルの決勝トーナメント進出のチャンスは蜘蛛の糸にぶら下がることとなった」

スペイン

AS
「この試合でバイエルンは、アーセナルにサッカーを教えた。イングランドのチームは全く良いパフォーマンスを出すことができなかった。これによりバイエルンは、0-2で敗北した前節の雪辱を鮮やかに果たした」

フランス

レキップ
「バイエルンはアーセナルFCに対する雪辱を、素晴らしい形で果たした。だがこの大勝利にも関わらず、同クラブの決勝トーナメント進出はまだ確定していない」